ゴール設定をしないと、理想の結果を掴むことはできない

From:福永祐作

南堀江のオフィスより、、

 

早いもので9月ですね。大阪に

きて10ヶ月。懐かしい感覚と

まだそんなもんかの両方の感覚。

 

最初はビジョンだけしかなかった。

 

「関西の市場を変革する」

志の高い若者が本気で自己実現に

向けて走れる環境を作りたい。

 

これのゴールはヒトの数と質。

結局は、誰とやるかで大きく変わるし

誰とやるの母数もかなり大事。

 

今年中に100人を目指していたけど、

あと、2ヶ月で達成しそうなペース。

 

やっぱこのケタが変わると組織の

厚みが変わる。いろんな価値観が

混ざり合うのでワクワクが止まらなくなる。

 

来年は300人を目指しているので、

なおさら強い組織になりそうです。

 

今日伝えたいのは、ゴール設定の大事さ。

僕が、とりあえず大阪に来て事業を

していたらこの状態になっていただろうか?

 

絶対になっていない。

 

100人巻き込みたい!そうゴール設定を

した結果、それに対して必要な行動を

し続けたのが要因。

 

スポーツと一緒で、全国大会の目標を

立てないのに週7で練習できないよね?

 

つまり、ゴール設定しないと理想の結果は

掴むことはできないということ。

 

これ、結構大事やね。

大事なのでもう一回言おう。

 

ゴール設定しないと理想の結果は

掴むことはできないということ。

 

まずは、ゴール設定をして理想の結果を

掴みにいくクセをつけよう。

 

最初はそんなカンタンにできることでは

ないけど、反復練習が大事。

 

反復練習をすれば感覚がつかめてくるから

あとは繰り返すだけ。

理論はシンプルだよね?あとは実行。

 

理想の結果を掴もう。

ま、今日はそんな感じ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ/質問