学生交流会対談Vol.3:中江和喜〜好きなことを見つけ没頭できる環境をつくる〜

<学生交流会対談企画第6弾📣>

今回は第16回目の学生交流会に参加してくださった、中江和喜さんと対談をしてきました!
(対談日2019/6/8)

現アメリカの大学に通いながらも、環境づくりのために奮闘する中江さん。彼の生き方に迫ります。

中江和喜:好きなことを見つけ、没頭できる環境をつくる

1996/6/22(22)
2019年4月28日開催 関西一の学生交流会を経て株式会社Armoryへ参画。フィリピン留学、インターンシップ等経て、現在はアメリカのグランドキャニオン大学留学中。

原田

中江さん今日はよろしくお願いします!

中江

よろしくお願いします!

原田

よっしゃ、やっていきましょう!

早速なんですけど、軽く自己紹介お願いしていいですか?

中江

はい!中江和喜です。

かずきんって呼ばれてます!好きな食べ物はパイナップルです(笑)

原田

パイナップル?(笑)

好きな食べ物パイナップルって珍しいですね(笑)

中江

そんなことないですよ!笑

原田

今、グランドキャニオン大学に通ってるんですよね!

中江

そうですね〜通ってますね。

地元は大阪の枚方なんですけど!

原田

そうなんですね!

グランドキャニオン大学にはいつから通ってるんですか?

中江

編入したばかりなので、通い始めたのは本当に最近ですね!今年の1月からです。

元々はネバダ州の州立大学にいたんですけど、そこからコミュニティカレッジっていう2年間大学に変えて、インターンを半年して、グランドキャニオン大学に今います(笑)

原田

なにその経歴やばいですね(笑)

かずきさん何歳なんですか?

中江

23になりました!

原田

僕の1個上なんですね!笑

学生交流会に参加した背景・きっかけ

原田

何故アメリカの大学にいて関西一の学生交流会 に参加しようと思ったんですか?

確か、Facebookで見て来られたんですよね?

中江

そうです、Facebookですね!

僕にはやりたいことがあるんですけど、正直言って大学の周りの同級生には奨学金を借りてまで大学に来てる人がほとんどいませんでした。なので想いをもって活動している人がいなかったんです。

価値観が合うような人が全然いなくて、孤独で。

原田

そうだったんですね。

そんな時にFacebookで学生交流会を見つけたみたいな?

中江

そうですね。

関西一の学生交流会のLP(参加申し込みフォーム)を見て、まさに自分のことやなと思ったんです。リーダーのための環境を作っているっていうその理念に、マジで運命感じて(笑)

原田

まさにかずきさんが求めてたものだったんですね!

中江

まさに。

当日はArmoryメンバーの人とは話せなかったんですけど、その時に来てた参加者のみんなと、交流会後にご飯行ったりとかしましたね。こんなにも似たようなこと考えてる人いたんやって思いました!

原田

それは知らなかった・・・(笑)いい繋がりが出来たみたいで良かったです!

中江

その後に、Armoryの経営戦略公開のイベントに参加しました。

そこでメンバーの人と初めてお話して、「自分は、留学っていう海外の観点からリーダーになるきっかけを与えたい」っていう話をしたら、「じゃあ一緒に運営やろうよ」って誘ってもらってArmoryに入ることにしました。

原田

なるほど!

じゃあ、今はどんな活動をしてるんですか?

現在の活動:事業作りの準備中・・

中江

今は、オンラインでインプットしたり、経営者のイベントとか交流会に参加したり・・・

どうやってスタートアップ事業を作るのかを勉強したり、仲間を探しとかをしたりしてます。

原田

じゃあ、これから事業を始めたいと思ってて、その準備を今してるって感じですかね?

中江

そうですね!

今の目標は、アメリカに帰るまでにイベントをつくることですね。ちゃんとインプットをして、実際にアウトプットするっていう。知り合いに、英語朝活をしている人がいるんですけど、それの枚方バージョンを開催したいです!

原田

面白そうですね!開催するときはぜひ呼んでください!

これからアメリカ帰った後はどんなアクションをとっていくんですか?

今後のビジョン:好きなことを見つけ、没頭できる環境をつくる

中江

いやぁ、そうなんですよね!

代表の祐作さんにも相談させてもらってて。「どうしたらいいんですかね〜幽霊部員じゃないですか〜」みたいな(笑)

原田

インターネットが普及してる時代で良かったですね(笑)

中江

ほんとにそうですね!

オンラインで何かしらキャッチアップはできると思うので、どんな活動をしてるのかはチェックしたいんですけどね・・・どう関わっていこうかなって模索中です。

でも1つは、Zapposまでバスで6時間くらいで行けるので、そこのツアーみたいなのを実施していこうかなと。

Zapposとは。

Amazonが800億ドルで買収した、靴のECサイト。

Armoryはこの企業を参考にしてコアバリューという組織文化をつくっている。

<詳細はこちらの記事をご覧ください>

原田

確かに!そのツアーめちゃくちゃ楽しみです!

祐作さんもArmoryのアメリカ支部ができるのを楽しみにしてますよ!

中江

そうなんですよ!だから、Armory in USAを作れたらいいなと思ってます。

原田

めっちゃいいと思います。

僕も海外行きたいんですけど、行く目的とか、帰ってきてどうするか、まで考えるのってかなり難しいんですよね。

だから、そういうのがあったら助かる人多いと思います。

中江

めっちゃわかる。Armoryの留学部みたいなん作るのも楽しそうやなって。

日本のArmoryから、アメリカに留学に来た人のフォローアップとかも出来ると思いますし。

原田

うおおお!絶対楽しいやつですねそれ!

中江

ただ、時差の問題もあるので、なかなか活動にテレビ電話とかで参加するのは厳しいんですよね。

そこを何とか考えていかないと・・。

原田

そこはオンラインのコンテンツでキャッチアップ出来ますよ!

メンバーそれぞれが、自分の今の悩みとかビジョン、活動内容を発信してるArmory専用サイトがあるので、そこである程度は進捗確認できると思います。

中江

なんすか、それ!

知らんかった!(笑)

原田

後でメルアド送ってください!登録します(笑)

中江

お願いします!

原田

かずきんさん、長期的なゴールはありますか?10年後とか20年後とかの

中江

最終的には「好きなことを見つけ没頭できる環境」をつくりたいですね!

僕は”留学”という観点から、自分の好きなこと・やりたいことを見つけて、それに没頭できるような環境をつくりたいと思ってます。

手段としては、インバウンドで日本に来られる方を支援するエージェントや、留学に行きたいけれど行けない学生のためのコミュニティをつくりたいです。留学には行ってないけど、留学経験者の話が聞けたり、実際に留学に行っている環境に近いコミュニティづくりをしていこうと考えてますね!

原田

日本で活動していく予定なんですね!

最後に一言メッセージ

原田

最後に、この記事を読んでる人にメッセージをお願いします!

中江

交流会には絶対来た方がいいですね!

僕は、実際に求めてたものが交流会にあって。元々はすごく孤独で、やりたい事話しても周りの人とかに否定される事が多かった。

逆に、ここではめちゃめちゃビジョンを応援してくれるんで、やりたい事があるけど仲間がいないとかっていう人、環境がないなって人は特に来て欲しいですね!来てくれたら僕もめちゃめちゃ語れる自信があるんで!!

原田

アメリカから?(笑)

中江

そうっすね、時差があってもよければ全然オンラインで話します!(笑)

ぜひお願いしますって感じです!

原田

それはおもしろそうですね!

ありがとうございます!

かずきさん、今日はありがとうございました!

まとめ


アメリカの大学に通い、環境を求めて交流会に参加したかずきさん。
海外での荒波で揉まれながらも志を見失わなかった彼のパッションには圧倒されました。
私も同じArmoryのメンバーとして、日本で彼の活躍を楽しみにしています!

この記事を書いた人

原田大吾

原田大吾

起業家育成高等学院