学生交流会対談Vol.12 : 仲宗根ひかり 〜ワクワクさせるような人になる〜

<学生交流会対談企画第7弾👍>

今回は第17回目の学生交流会に参加してくださった、仲宗根ひかりさんと対談してきました!(対談日2019年7月6日)

現在は東洋医療専門学校に通いながら、いろんな事にチャレンジしている仲宗根ひかりさん。彼女の生き方に迫ります。


仲宗根ひかり:ワクワクさせるような人になる

1999/9/14(19) 2019年5月26日開催 関西一の学生交流会Vol.17に参加。
金蘭会中高バレーボール部を経て、東洋医療専門学校に在学中。
塩谷

仲宗根さん!今日はよろしくお願いします!

ひかり

よろしくお願いします!

塩谷

それでは、早速やっていきましょう!

軽く自己紹介だけよろしくお願いします。

ひかり

はい! 仲宗根ひかりです。

ひかりって呼ばれてます!好きなスポーツはバレーです。

塩谷

うわ!バレーですか!

突き指しそうで怖いです。笑

ひかり

そんないちいち気にしてられないですよ。

塩谷

そうですね、、

今は東洋医療専門学校に通っているの?

ひかり

はい!学校では鍼灸を学んでおります。

塩谷

おお!!僕も学校で鍼灸を学んでます。

一気に親近感が湧きました。

ひかり

そうなんですか!!色々と体についての話出来そうですね〜

例えば解剖学、生理学、経穴とか話せますね。

塩谷

あ、、はい笑

その感じだとこれからも鍼灸の道に進んでいく感じですか?

学生交流会に参加した背景、きっかけ

ひかり

そうですね!

だけど私はいろんな事にチャレンジして自分と違う分野の人喋りたいという気持ちがあるんですよ!

塩谷

僕もわかります!その気持ち。

ひかり

私のしたい事はたくさんあるんでいろんな人が集まる交流会はあるかなと考えていたのです。

ちょうどそんな時他のイベントで一緒に参加していたArmoryメンバー奥村くんと喋って面白いイベントがあるから来なよと誘ってくれたのが理由です。

塩谷

そんな出会いから参加してくれたんですね!

ひかり

はい。そして調べてみると「関西一の学生交流会」という名前がより私の好奇心をくすぐられました。

塩谷

好奇心の塊なんですね。

ひかり

そうなんですよ。だからやりたい事が次々と出て来てしまってたまに自分でも頭パンクしそうになるんですよ。笑

塩谷

それは面白い!気になります。

やりたい事を教えてください。

今後のビジョン: ワクワクさせるような人になる

ひかり

一番したいことは世界一周ですね!

塩谷

かっこいい、、

でもなんで世界一周をしたいのですか?

とても熱い話してくれて前のめりになって聞いてしまう塩谷。
ひかり

私は人と喋るのが大好きなんですよ

ずっと昔からバレーをしてきて私自身もちろんバレーは大好きなんですが、バレーを通して出来た仲間達と笑いながら幸せを共有する事がなによりも心に残る時間なんです。だったらそれを全世界の人達とバレーや鍼灸で繋がりたいと思ったのが一つ目の理由です

塩谷

すごくいい話ですね。二つ目の理由も教えて欲しいです。

ひかり

はい!純粋に世界一周をしている人を見て私がワクワクするからです。

私にとって世界一周をしている人はワクワクさせてくれる存在で何よりも元気にさせてくれます。だから私が世界一周することでいろんな人に勇気を与える事が出来たらなと思ってます。

塩谷

素敵ですね!僕も同い年として見習わないと。

ひかり

そんな想いから生まれたのが『ワクワクさせるような人になる』というビジョンです。

塩谷

仲宗根さんらしいビジョンですね!

確かに仲宗根さんは常にワクワクしているので周りにたくさん人が集まっているイメージがあります!

最後に一言メッセージ

塩谷

最後にこの記事を見ている人にメッセージをお願いします。

ひかり

とにかく楽しんでください!

私はこれからも人生を楽しんでいきます。

そしてArmoryにはいろんなことにチャレンジをして楽しんでいる人達がいるのでぜひ参加してください。

塩谷

本当にありがとうございます。これからも学生交流会を盛り上げていきます!

ひかり

こちらこそありがとうございます!

ひかりさん今日はありがとうございました!

まとめ

関西一の学生交流会で新たに刺激を受けた仲宗根ひかりさん。
人をワクワクさせたいという気持ちには僕も聞いていて熱くなるものがありました。これからの彼女の活躍を楽しみにしています!

この記事を書いた人

塩谷大章

塩谷大章

塩谷 大章(19) 森ノ宮医療大学鍼灸学科2回生。
人生のテーマは『挑戦する人を生み出し続ける』
大学に入り自分の将来に不安を持ち同じように悩んでいる友達に何気ないアドバイスから頑張っている姿をみて、自分は挑戦をする人を見るのが幸せだと感じる。

関西No1学生交流会