代表の福永が京都市立八条中学校で講演

2020年1月24日(金)

訪問先:京都市立八条中学校(京都府京都市南区唐橋門脇町35)

参加者:中学二年生 88名

参加満足度:93%(事後アンケート)

本日24日(金)、弊社代表福永祐作が京都市にある八条中学校を訪問しました。

全中学二年生88名を対象に、 「挑戦と失敗」をテーマにした講演で、 サッカー選手を目指していた過去から現在、経営者になるまでの過程について、中学生との質問に対して応えていくQ&Aスタイルで講演が行われました。

 

学校教育目標として「自律・貢献・志」が定めている八条中学校の生徒の皆さんは、 代表福永の話に真剣に耳を傾け、普段耳にしない内容に関心を寄せていました。

講演の冒頭に設けた質疑応答では、 積極的に質問をする八条中学校の皆さんの姿が見られました。

「どうしたら社長になれますか?」「誰かの下で働くということを考えなかったんですか?」「座右の銘は何ですか?」など、 経営に関することから福永自身の価値観や考え方に関する質問が多く寄せられました。

大学3回生まで「プロサッカー選手」になる夢を抱いていた福永。

両足首靭帯の断裂という怪我をきっかけにサッカー選手のセカンドキャリアについて考え、 彼はそれまで15年間も続けていたサッカーを捨て、経営者への道を選びました。

 

失敗を恐れず挑戦することを大切にしている福永だからこそ、講演会の締め括りの話として

「人生を決めるのは親でも先生でもなく“自分“。あなたが人生を懸けて心の底から挑戦したいことは?」

という問いを投げ掛けていました。

将来への可能性を無限に秘めた彼らに対して、就職や起業にも関わらず生きていく上で大切な物事の捉え方、失敗への捉え方などを通しこれからのキャリアに生かしてもらえればなと思います。

株式会社Armoryでは中学校訪問や高校訪問、大学訪問など講演・講話を通じて、 夢に向かって努力することの大切さをキャリア教育/起業家教育の観点から児童・生徒の皆さんに今後もお届けしてまいります。

講演についてご質問のある方、講演依頼についてご関心のある方は以下のリンクよりお問い合わせください。

講演や勉強会のご依頼